漢方 防風通聖散

漢生爽楽(かんしょうそうらく)生漢煎(しょうかんせん)の比較

脂肪を落としたり、便秘解消に効果が認められている漢方のお薬。

それが防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)です。

漢方の防風通聖散は、各社で販売されています。

今、ネット通販で人気の生漢煎(しょうかんせん)と漢生爽楽(かんしょうそうらく)について比較してみたいと思います。

 

生漢煎も漢生爽楽もどちらも、漢方の防風通聖散のお薬ですので成分はまったく同じになります。

 

公式サイト漢生爽楽〈防風通聖散〉 

 

生漢煎、漢生爽楽の比較 どちらがおすすめ?

それでは、生漢煎と漢生爽楽を比較してみましょう。

生漢煎(しょうかんせん) 漢生爽楽(かんしょうそうらく)
分類 第2類医薬品 第2類医薬品
薬剤形状 顆粒 顆粒
内容量 90包 30包
服用量 1日3回1包ずつ 1日2回1包ずつ
1日あたり成分量 満量処方 2/3処方
初回定期購入価格(税込み) 4,290円(1箱) 3,278円(2箱)
2回目以降定期価格 6,490円(1箱) 8,800円(2箱)
通常価格(税込み) 8,580円(1箱)送料別 5,099円(1箱)送料別
定期コース継続条件 縛りなし 縛りなし(初回解約は通常価格請求)
定期コース送料 無料 無料

服用タイミングが1日3回で満量処方の生漢煎と、1日2回で2/3処方の漢生爽楽になるため、1包あたりの有効成分量は同じになります。

満量処方とは

1日に服用できる最大量の有効成分が配合されている処方のことです。

 

生漢煎と漢生爽楽どちらがおすすめなのか。

漢方の成分については、変わりませんので価格で決めていいと思います。

初回購入価格ですと漢生爽楽の方が安くなりますが、生漢煎と比べて2/3の量になる点は注意が必要ですね。

2回目以降は、満量処方の生漢煎の方が安いのもポイントです。

また、どちらも定期コース解約についての縛りがなく、初回のみでの解約も可能です。

縛りなしですので、気軽に始めやすいのは嬉しいですね。

ただし、漢生爽楽は初回解約の場合、定期コース価格ではなく通常価格で料金請求されます。送料も必要になるため申し込もうと思われている方は気をつけてくださいね。

生漢煎は初回のみ解約でも定期コース価格です。

ということで、当サイトでは生漢煎をおすすめします!

 

おすすめの生漢煎 防風通聖散については、詳しく記事にしています。

生漢煎が気になった方はこちらをどうぞ!⇒https://www.shohyonews.jp/

 

-漢方 防風通聖散

© 2021 生漢煎(しょうかんせん)購入前に知っておきたい解約のこと